唎酒師父さんのブログ

5歳娘、1歳息子の父親。娘が生まれて5ヶ月育休取得。息子が生まれて退職。関東でパパ友、ママ友の集まり少人数で、あーでもないこーでもいと愚痴(意見)交換会など行ってます。産まれる前は、ワクワクドキドキしていたはずなのに、育児をしてあれこんなはずではというのが減ればと思います。アソシエートメンター、唎酒師です。https://like-ji.com/

ものもらい

ものもらいはうつりません。

黄色ブドウ球菌のように、そこらへんにあるのが原因で抵抗力が弱った時、ストレスがたまった時などになるようです。

が、親子で年明け早々ものもらいに。

 

1~3日目 ものもらいかと思い、市販の点眼薬をする。

4日目 ひどくなってきたので、眼科へ。メイアクト錠、クラビット点眼液、フルメトロン点眼液を処方される。

5日目 さらにひどくなる。目やにがすごく出る。対して動くてなくても昼寝ができるくらい体調が悪くなる。

6日目 朝は目が開かなくなるくらいひどくなる。再び眼科へ。膿まないように内服薬出したんだけどなあと言われる。ビクリシンカプセル、ガチフロ点眼液を処方される。話す気力もなくなる。この時がピークで3倍くらいに目が膨れる。

7日目 血やら膿がでてくる。家事の立ち仕事がしんどく休み休みする。

8日目 膿が出てきたからか、少しは楽になる。でもまだ立ち仕事は休み休み。

9~11日目 腫れがひいてくる。膿は相変わらずでてくる。なぜか子供二人もものもらいになる。

12日目 眼科へ。タリビッド眼軟膏を処方される。芯みたいのは残るから完全に治るのには時間がかかると言われる。上の子は点眼薬で治る。

13日目 下の子はまだ治らず。

14日目 朝起きたら下の子が血の涙を流す。聖母マリアか!と言ってられないので。下の子を連れて眼科へ。開口一番、お父さんもと言われる。

目が半分も開かないので大学病院を紹介していただく。タリビッド眼軟膏を処方してもらう。

15日目 眼軟膏が効いたのか、腫れがひいてる。とはいっても、大学病院へ。1歳でも眼圧や視力を測れるのは知らなかった。子供はぎゃーとしてたけど。目薬さえ嫌がるもんね。いろいろ検査したけど、ものもらいということで、ネオ・メドロール軟膏を処方される。

16日目 自分はまだ腫れぼったいのが続いているが、子供は結構治った。薬が良く効いたね。

にしても、大学病院に月2回も行くとは、1歳児恐るべし。上の子は1回も行ったことないけどね。